TEL:086-903-3677

〒701-0151 岡山市北区平野534-15

月~金 9:00~13:00/15:00~19:00 土曜日 9:00~12:30 14:00~17:00
EPARK歯科

岡山市、歯科、歯周病治療、むし歯予防

予防歯科

症例紹介 ハーモニーキッズクラブ 料金表 求人案内 院長のブログ 院長・スタッフのコラム Facebook Twitter

MOBILE

HOME»  予防歯科

定期健診

むし歯・歯周病を未然に防ぎましょう

「歯医者に行くのは、痛くなってから、悪くなってから。」では遅いのです。
悪い所が見つかって、治療をするということの繰り返しにより、歯の寿命は短くなり、痛い思いをして治療を受けて最終的には歯を失ってしまうことになります。

定期的に歯の汚れを落とすことにより(もちろんホームケアはさらに重要です)、未然にむし歯や歯周病を防ぎ、一生自分の歯で噛めるようにしていきたいと思っています。

定期健診の勧め

悪い所が無くても、定期的にお口のクリーニングを受けると、そうでない場合に比べて歯が残る数が大変違ってきます。
お口の健康を維持するためには、続けてお口のクリーニングに通うことが大切です。

むし歯や歯周病を未然に防ぐことにより、快適な生活が送ることができるだけでなく、痛い思いをして治療を受ける必要もなく、長い目で見ると治療費がかからない分、経済的です。

予防の方法について

フッ素の重要性

フッ素は、抗菌効果や歯質強化、歯の再石灰化に大きく効果があり、歯に取り込まれることにより、むし歯になりにくい強い歯にします。

乳歯や生え始めの永久歯は、歯の質が特に弱くむし歯になりやすいので、むし歯予防にはフッ素を効果的に使うことが重要です。
当院では、定期健診(3ヶ月ごと)で歯の汚れを落とした後、歯に直接フッ素を塗り、むし歯に強い歯へと育ていきます。

当院でお勧めしている歯磨き法 つまようじ法

院長が出身の岡山大学歯学部で考案された歯磨き法で、歯ブラシの毛先を歯と歯の間に入れて汚れを落とす方法です。

汚れがつきやすく取れにくい歯と歯の間、歯と歯茎の間の汚れを徹底的に落とすことにより、むし歯や歯周病の予防、歯肉炎や歯周病の改善に効果があります。

詳しくは当院にておたずね下さい。

つまようじ法に最適なV7歯ブラシ

当院でお勧めしているブラッシング法「つまようじ法」に最適の歯ブラシ「V7(ブイセブン)」についてご紹介します。

この歯ブラシは2列のブラシの毛先がV字型に並んでいて、歯と歯の間に入りやすいように設計されています。歯周病は歯と歯の間から始まります。歯と歯の間を「つまようじ法」でブラッシング。歯垢を取り除き、歯茎をマッサージすることによって歯周病は十分に予防でき、症状も改善できます。

「V7」は当院でも販売しています。お気軽にご相談下さい。

リスク検査

虫歯・歯周病のなりやすさを検査します

むし歯や歯周病のなりやすさ・なりにくさは、人によって異なります。口の中の条件が異なるからです。

当院ではむし歯や歯周病のリスク検査を行い、リスクを知って、リスクに応じたケアを進めていきます。

キシリトールについて

キシリトールは、天然素材の甘味料です。
キシリトールには、以下の作用があります。

  1. むし歯の原因”酸”を作らない
  2. むし歯菌の数を減らす
  3. むし歯になりかけた部分を元に戻す(再石灰化)

キシリトールの効果的なとり方

  1. 食事やおやつの後には必ず噛む
  2. 寝る前に必ず噛む
  3. 長期間続けて使用する

誰もが簡単にむし歯予防を行えるのは素晴らしいことだとは思いませんか。
さっそく実践して、健康なお口を維持しましょう!

歯周病の予防

歯周病と全身疾患の関係

歯周病を放置すると、さまざまな病気の原因になります。

心臓病
歯周病菌の作り出す物質が血液中に流れ、心筋梗塞や狭心症を引き起こす原因となると考えられています。
糖尿病
歯周病は糖尿病を悪化させる要因となり、糖尿病は、歯周病の治癒を悪くします。
低体重児出産
歯周病になると体内に産生される物質が、血流を渡って胎盤に流入し、早産を引き起こします。

お口のケアをして、全身の健康につなげていきましょう。

プロバイオティクスを利用した歯周病予防・口臭予防

乳酸菌LS1は口腔内で活発に働き、歯周病原因菌などの悪玉菌の働きを抑制することにより、歯周病予防や口臭予防に役立つことが分かってきました。

歯周病の予防にはブラッシングなどの機械的プラークコントロールがもっとも有効であることは言うまでもありませんが、従来のプラークコントロールに、乳酸菌SL1を用いた生物学的コントロールを併用することにより、より効果的な歯周病予防を行うことができます。

システマ歯科用オーラルヘルスタブレット(乳酸菌LS1)は、食品として1日3粒をなめてお召し上がりいただくようなっています。

母子の虫歯予防

母子感染の予防

お母さんのむし歯が子供に感染する母子感染が問題になっています。

「母子感染を防ぐために気をつけたいことは」
口移しでものを食べさせたり、大人が使った箸で赤ちゃんに食事をさせたりすると、ミュータンス菌などの細菌が増えて、お口の病気の原因となることがあります。

生後1歳半から3歳がむし歯菌の住み着く時期です。
しかし、子供とのスキンシップをやめることはありません。何よりも、お母さんのむし歯の治療や予防が大切なのです。

お母さんのお口の中のむし歯菌の数が少ないと子供がむし歯になる可能性が低くなります。
お母さんのお口の健康状態について歯科医院で検査してもらい、むし歯予防のアドバイスをしてもらいましょう。
お母さんのお口をきれいにすると、子供もむし歯ができにくくなりますね。

赤ちゃんの健康のために(妊婦の予防)

妊娠中のお口の中は、生活習慣や体質の変化から、通常よりもむし歯や歯周病になりやすいのです。
歯周病の進んだ妊婦さんには早産や低体重児などの危険性が高くなることが報告されています。

また、母子感染によって乳幼児へむし歯がうつってしまうことがあります。
妊娠中でもむし歯や歯周病の治療は可能です。しかし、お母さんの口の中を清潔にしておくことが赤ちゃんにとって、もっとも大切です。

歯科医院で妊娠中のお口の健康をチェックし、歯のクリーニングを受けましょう。

PageTop