TEL:086-903-3677

〒701-0151 岡山市北区平野534-15

月~金 9:00~13:00/15:00~19:00 土曜日 9:00~12:30 14:00~17:00
EPARK歯科

岡山市、歯科、歯周病治療、むし歯予防

歯科用コーンビームCT

症例紹介 ハーモニーキッズクラブ 料金表 求人案内 院長のブログ 院長・スタッフのコラム Facebook Twitter

MOBILE

HOME»  歯科用コーンビームCT

歯科用コーンビームCTの特徴

(1)歯・歯周組織や病変の3次元的描出

通常、歯科で用いるレントゲンは、1方向から投影した画像で診断するため、歯や歯周組織、病変等の立体的な把握が困難です。
しかし、CTを用いることで、従来のエックス線画像のみでは、原因が特定できなかった病変を描出し、診断することが可能となりました。

(2)インプラントへの応用

インプラント治療において、CTによる術前診断は不可欠のものとなっています。
CT画像上で、インプラントを埋入する部位の骨の幅・厚み・形態・骨質さらには上顎洞や血管・神経との距離、上部構造の方向との関連性などを総合的に把握することにより、安全で確実な治療が可能となります。逆に言うならば、CTによる術前診断なしのインプラント治療は危険と言わざるを得ません。
さらには、術後の埋入状態や、経過観察時のCT撮影が行われるならば、それに越したことはありません。
当院では、インプラント術前のCT検査は今まで他の施設に依頼して撮影していただいていましたが、いくつかの問題点がありました。1つは、外部施設に依頼するため、患者様に撮影のために足を運んでいただく負担がかかり、データを送ってもらうまでの時間がかかるという問題です。さらに、手術直後のCT撮影は事実上無理で、経過観察時のCT撮影に関しても、患者様に距離的、金銭的負担を再び掛けるのと、被ばくの問題を考えると、困難でした。
しかし、今回、自院で歯科用コーンビームCTを所有することにより上記の問題がすべて解消され、術前、術後のみならず経過観察時の撮影も簡便に行えるようになりました。

(3)低被ばく線量

一般医科で用いられるCT装置と異なり、歯科用コーンビームCTは、正しく使用することにより、患者様への被ばく線量を低減することができます。
正しく使用するとは、余分な領域を避けて撮像範囲を絞り、診断に必要な解像度の得られる最小限の被ばく線量を守ることであり、これによって、一般に歯科の診療で撮影するパノラマエックス線撮影の被ばく線量を大きく超えない低線量で撮影することができます。これは、一般医科のCT撮影と比較するとかなり小さなものとなります。
ただし、撮影者がこの条件を守らず撮影すると、歯科用コーンビームCTといえど、過度に患者を被曝させることとなります。当院の院長は、日本歯科放射線学会専門医・指導医の自覚のもと、被ばく線量の低減に努めていきます。

PageTop