TEL:086-903-3677

〒701-0151 岡山市北区平野534-15

月~金 9:00~13:00/15:00~19:00 土曜日 9:00~12:30 14:00~17:00
EPARK歯科

岡山市、歯科、歯周病治療、むし歯予防

入れ歯

症例紹介 ハーモニーキッズクラブ 料金表 求人案内 院長のブログ 院長・スタッフのコラム Facebook Twitter

MOBILE

HOME»  入れ歯

入れ歯について

入れ歯には、外れやすい、違和感がある、器具が目立つ等、世間一般にはマイナスのイメージが連想されがちです。
しかし最近では、歯茎とのフィット感にこだわった入れ歯や、クラスプ(バネ)が目立たない非金属の材料を用いた入れ歯、そもそもクラスプを使わないノンクラスプデンチャー、インプラントや残った歯根を利用して行う入れ歯等、実に多種多様なニーズに沿った入れ歯装置が利用されています。また、しっかりとした検査・診断のもと、正確な技工技術を用いて、時間をかけて適合精度の高い入れ歯を製作すれば、外れにくく、モノが良く噛める快適な入れ歯を製作することが可能です。すぐ外れてしまったり、噛んだときに痛みや違和感を生じる入れ歯は、そもそも適合精度が低いと言わざるを得ません。
入れ歯治療は外から見る以上に、型合わせの精度が求められる治療です。そのため、最終的な入れ歯を製作するには本来時間のかかる治療法だとも言えます。

入れ歯Q&A

入れ歯の種類にはどんなものがありますか?
入れ歯には様々な種類があります。大きく分けると、本体が樹脂(レジン等)だけのものと、一部金属を使ったものに分けられます。
また、スーパーデンチャーと呼ばれ、柔らかく口腔との密着性が高いものもあります。
入れ歯をお考えの場合、事前に医師と相談し選ぶことをおすすめします。
入れ歯は目立ちますか?
多少は義歯と分かる面もありますが、弾性樹脂義歯(フレキシブルデンチャー)など金属部分が見えない義歯もあります。詳しくは医師までご相談下さい。
入れ歯を長持ちさせる方法はありますか?
まず定期的に検診を受けることが長持ちの秘訣です。就寝時は取り外し、水の中に入れて保存して下さい。
また、入れ歯は高温に弱いので、入浴などは特に問題ありませんが、サウナ等を利用される場合は入れ歯を取り外すことをおすすめします。
PageTop