TEL:086-903-3677

〒701-0151 岡山市北区平野534-15

月~金 9:00~13:00/15:00~19:00 土曜日 9:00~12:30 14:00~17:00
EPARK歯科

岡山市、歯科、歯周病治療、むし歯予防

コラム

症例紹介 ハーモニーキッズクラブ 料金表 求人案内 院長のブログ 院長・スタッフのコラム Facebook Twitter

MOBILE

HOME»  コラム»  院長・スタッフのコラム»  歯ぎしり、くいしばりについて

歯ぎしり、くいしばりについて

歯ぎしり、くいしばりについて

虫歯がないのに噛むと痛みを感じたり、冷たいものがしみるなどの症状があるとき、歯ぎしりや食いしばりが原因かもしれません。
特に、寝ているときに歯の痛みで目が覚めたり、朝起きた時に歯が痛い、または顎がだるいなどの症状があるときは、強く疑われます。

歯ぎしり、くいしばりによって、歯の痛みが起こるだけでなく、歯が動揺したり、ひどい場合は、歯が破折して、抜歯をしなければいけないこともあります。
また、肩こりや頭痛、めまいなどを伴うこともあります。

歯ぎしりの原因は、ストレスなどが言われていますが、よくわかっていません。

では、歯ぎしりが疑われた場合、どのようにすれば良いでしょうか。
まずは、起きているときに、くいしばる心当たりのある方は、時々意識して、強くかんでいるなと感じた時は、力を緩めるように習慣づけてください。一般に、安静にしているときは、上下の歯は、接触していないので、そのことも参考にすれば良いでしょう。

寝ている時の歯ぎしりは、意識的に防げないために、歯ぎしり治療用のマウスピース(ナイトガード)を作成して、対応していきます。ナイトガードは、歯科医院で作成することができ、健康保険が適応されます。
ナイトガードを装着して寝ることにより、強い力から歯や顎を保護することができます。

2018-03-26 13:59:52

院長・スタッフのコラム

 
PageTop