TEL:086-903-3677

〒701-0151 岡山市北区平野534-15

月~金 9:00~13:00/15:00~19:00 土曜日 9:00~12:30 14:00~17:00
EPARK歯科

岡山市、歯科、歯周病治療、むし歯予防

コラム

症例紹介 ハーモニーキッズクラブ 料金表 求人案内 院長のブログ 院長・スタッフのコラム Facebook Twitter

MOBILE

HOME»  コラム»  院長・スタッフのコラム»  インプラント用サージカルステントについて

インプラント用サージカルステントについて

インプラント用サージカルステントについて

サージカルステントとは、
 インプラント術前に撮影したCTデータをもとに、シミュレーションした通りにインプラントを正確に埋入するためのガイドプレートです。

 インプラントの術前計画では、CT上で顎骨の密度・厚み・幅や、血管、神経の走行を確認し、さらに上部構造を作製するための最適な埋入位置を確認し、インプラント体のサイズや埋入方向、位置、深度を決定します。
 患者さんの顎の模型をとり、その模型上でマウスピースを作製します。マウスピースを口腔内に装着した状態でCTを撮影し、インプラント専用のソフトウエアで3D画像化し、3D画像をもとに埋入計画を立て、サージカルステントを作製します。

サージカルステントには、以下の特徴があります。
1.より正確な埋入ができ、埋入方向や深度の誤差によるトラブルを回避できる。
2.上部構造(最終的な被せ)の適正なイメージを想定して、埋入手術ができる。
3.手術時間が短縮できる。

2019-10-17 11:52:56

院長・スタッフのコラム

 
PageTop